new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/21

ウエストモールアタッチメント

¥8,800 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー2件

送料についてはこちら

商品名:ウエストモールアタッチメント 背胴側:ダブルラッセルメッシュ 前胴側:70Dリップストップナイロン 適応ウエストサイズ:58㎝〜100㎝ Total Weight:199g(変動あり) 価格:8000+TAX  腰回りに装着して、様々なアクセサリーをドッキングできるモールシステム対応型の腰部専用アタッチメントになります。  基本的には側腹部アタッチメント2枚・腰部アタッチメント1枚の3枚構成になっております。側腹部アタッチメントと腰部アタッチメントはスリッククリップで連結されており、それらを繋げた状態のまま使用致します。  腰回りで固定する方法と致しまして、本体中心にある25㎜テープ対応のバックルを開け、X状に配置された4点あるコキに連なるテープを緩めます。次に腰から側腹部を覆うようにアタッチメントを巻きつけて、再びバックルをカチッと閉めます。その後、X状に配置された4点あるコキに連なるテープを臍部に向かって内側に引き締めます。この動作をすることによって、アタッチメントと腰部の密着性をより高めることが出来ます。引き締めの基準と致しまして、アタッチメントと腰の間に指1本入るくらいが丁度良いかと思われます。  更にこちらのウエストモールアタッチメントは、側腹部のアタッチメントを腰部アタッチメントから分離してSAYAMA works Fastにドッキングすることが可能です。そうすることでFastの側腹部にもアクセサリーをドッキング出来ますので、バックパックの容量UPを図ることが可能です。  次に、ウエストモールアタッチメント対応のモールシステム型アクセサリーの話をさせて頂きます。  SAYAMA worksで展開しているアクセサリーと致しまして、スクエアポーチ・フラップポーチ・ボトルホルダーの3点を別途ご用意しております。各2点合計6点をアタッチメントに取り付けた場合のTotal Weightは約450gになります。それぞれが独立した形でアタッチメントにドッキングできるため、お客様ご自身で本当に使いやすい箇所にアクセサリーを配置する事が可能です。なぜそのような方法を採用したかと申しますと、直接アタッチメントにアクセサリーを縫い付けるよりも、ポーチ単体の容量を増やすことが可能だからです。結果的にバックパックを下ろすことなく、収納・取り出しを腰回りで容易に行うことが出来るようになります。また別売りのゴム&コードロックをモールシステムのテープに通して軽量なウェアなどを縛ることで、更なる容量アップを図ることも可能です。  始めにも申した通り、アタッチメント本体はモールシステム対応となっております。ですのでミリタリーショップにあるモールシステム対応の既製品なども、アタッチメントにドッキングすることが可能です。とは言え、今後アタッチメントにドッキングできる様々なアクセサリーを開発・展開して行く予定ですのでお楽しみに。 ※ウエストモールアタッチメント本体のみの価格となっております。アクセサリーは別途お買い求め下さい。 ※モールシステムとは「MOLLE(Modular Lightweight Load-carrying Equipment) SYSTEM」の略称であり、軍隊が使う個人装備システムのことを指します。 ※モールシステムの取り付け方ですが、検索サイトで「モールシステム 付け方」で検索すると出てきますので、そちらをご参照くださいませ。 ※こちらの商品は2022年5月24日に特許出願をしております「特願2022–84874」。 ※更に本体と身体の密着度を高めたい方は、別途スリッククリップを4個ご購入頂き、側腹部と腰部のドッキング箇所を増やすことを推奨しております。 ※ SAYAMA worksのWEBストアにて先行販売し、6月中旬〜末頃に各取引先ショップにて店頭販売スタートとなります。 ※ウエストモールアタッチメントを装着したことにより生じたウェア・山道具の損傷などは、弊社は責任を負えませんのであくまで自己責任で行ってください。

セール中のアイテム