{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/26

NICEDAY(ノベルティ対象商品)

35,200円から37,400円

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー2件

送料についてはこちら

  • X-PAC VX21ブラック

    ¥35,200

  • X-PAC VX21 コヨーテブラウン

    ¥35,200

    残り2点

  • コーデュラスペクトラ ホワイト

    ¥35,200

    残り2点

  • コーデュラスペクトラ ブラック

    ¥35,200

  • X-PAC X33 マルチカム

    ¥37,400

SAYAMA worksがファーストパッキングに特化したFastの次に開発したいと考えたのは「気軽にハイキングに使える20〜25L程度のULバックパック」。 古き良きULガレージ系のデザインと、SAYAMA worksの革新的なアイデアと技術を融合させたら、お客様に新たな価値を提供できるのでは!?と考えた。 FastはTJARのレース用バックを継承したデザインだったが、1番ネックとなっていたのは重さと開閉の煩わしさを感じるファスナー(選手の中には中央ファスナーが要らないとの意見もあった)。もちろん日本のガレージといわれるメーカーは撥水ファスナーを多用する傾向にあり、それを払拭したく、私自身で一度ファスナーを使わないバックパックを作りたかったというのもある。その他の問題として、使う生地やパーツの多さによる膨らんだコスト・さらにはコロナ禍のデメリットとなっていたパーツ類の遅延問題。今回はそれをできるだけ無くすとともに、軽さ・コスト削減・無駄なパーツやループの撤廃・多機能性の両立を図ることを目標とした。 そこから私自身で一から型紙をおこし、出来るだけ生地の枚数を減らしつつも多機能性を維持。そして、見た目にもシンプルイズビューティなデザインへと刷新。もちろんTJAR2018からTJAR2022までのレース用バックパックで培った、逆転の発想に基づいた軽量化技術も抜かりなく取り入れた。 その後、工場のプランナーと入念な打ち合わせを繰り返した。工場には申し訳ないが、私の起業家としてのワガママな要望に付き合って頂いたのは言うまでもない。工場の限界を超えたアイデアには脱帽するとともに、感謝の言葉しかない。バックパック本体に付属するバンジーコード類も、理想的な配置となった。 Products Designer & CEO Masanobu Sayama 【仕様について】 ① ロールトップ:トップ両サイドに15㎜バックルを付け、捻って中心で固定する方法を採用。そのロールトップ部分を前後で引き寄せるバックルは、両サイドと同じ15㎜テープに対応したものを採用。生地は軽く、柔らかくも耐久性の高い70Dポリエステルリップを採用。防水性もありつつ、紫外線焼けしにくいのが特徴だ。またコードを引っ張って巾着のように絞ることも可能。 ②本体前胴側:基本的に一枚生地にし、その手前に配置された大容量フロントポケットは軽量・堅牢なコーデュラ2WAYストレッチ撥水を採用(下部に水抜けの窓あり)。今までのFastのフロントポケットは巾着口元とメッシュ部分の2枚構成であったが、何とか1枚に出来ないかと工場と模索し、横への伸縮を妨げずにマチ付きポケットとして仕上げることに成功した。これに関しては工場の技術に脱帽だ。 ③ 本体サイド:前胴と同じく一枚生地にし、ポケットも前胴フロントポケットと同じ構造に(下部に水抜けの窓あり)。サイドポケットの容量としては500mlペットボトル2本が入る又はナルゲンボトル1Lが余裕で入る設定。巾着部を引き絞るバンジーコードはループ状になっており、そのループをドリンクボトルのキャップに引っ掛けることで前屈みになった際の落下防止に一役買っている。 ④ショルダーハーネス:身長155㎝〜175㎝でも背負えるようデザイン。基本的な流線デザインはレディースに合わせて再設計した。もちろん特許出願中のLITTLEAIDシステムも健在だ。前胴側の生地はロールトップと同じものを。背胴側はダブルラッセルメッシュを採用。 ⑤背胴:Fastは内側にポケットを内蔵し、その中にウレタンパットを入れる方式を採用していたが、外側にポケットがあった方が良いというTJAR2022の選手のバック機能を継承。いつでも使うことを想定して、10㎜厚のウレタンを生地(70Dポリエステルリップとダブルラッセルメッシュ)で挟み込んだ座布団形式のクッションにした。それを背胴上下のポケット(フロントポケットと同じ生地)に挟み込む仕様にした。もちろん5㎜厚のウレタンパット120㎝くらいのものを、折り畳んで使用することも可能。 ⑥ウエストベルト:Fastと同じ仕様を継承。ウエストモールアタッチメントも取り付けられるようにした。 ⑦メインコンパートメント:基本的にシンプルに筒状の形をしているため、物の取り出しには不自由せず、Fastよりも縫い目が少ないため水の侵入も軽減されている(日本の気候を考慮して完全防水にしていない)。 ⑧ボトム:丸みがありながら、徐々に上の方へ広がるデザインにした。その結果、腰ではなく背中に荷重が掛かる仕様となり、ベストな背負い心地を提供出来ると自負している。 ⑦バンジーコード:SAYAMA works独自の前胴フロントポケット・サイドポケットの機構を流用し、よりバックパックが身体に密着できるようデザインした。またFastと同じく、背負った状態で絞ることが可能。実際にその構造を見て頂ければ、逆転の発想が活かされていることが分かると思う。そして計算され尽くしたループの配置により、しっかりとロールマットやストックなどがドッキングできるコード類も付属した。 ⑧価格:型紙の枚数を減らしつつも機能性を損なわず、MADE IN JAPANながらSAYAMA worksの中でも低価格帯を実現。 ⑨トータルウエイト:約460g(ウレタンパッドなしで約380g) ⑩ その名も「NICEDAY」。使う人々にとって、笑顔で良い1日を迎えられますように。 SAYAMA works 商品名:NICEDAY 価格:¥32,000-〜34,000-(+TAX) カラー:X-PAC VX21 ブラック・コヨーテブラウン、コーデュラスペクトラ ホワイト・グレー・ブラック、X-PAC X33 マルチカム。 容量:20L〜25L(外側ポケットも含む) 背面長:45㎝ 適正身長:155㎝〜175㎝(体型によっては合わない場合がございます) トータルウエイト:約460g(背胴パッドを外すと約380g) 耐荷重:8kg(快適に背負える荷重とお考え下さい) ・男性モデル 身長178㎝ 体重71kg ・女性モデル 身長162㎝ 体重52kg ※より詳しく知りたい方は、ウェブニュースをご覧下さい。 https://sayamaworks.com/news/648943723ffe3e002b198d9d ※画像はサンプル段階のものになるため、製品版は仕様が一部変更となる場合がございます。 ※ロールトップ巾着口元のハトメをグロメット(鉤爪付)のものに変更しております。 ※製品版よりチェストストラップのホイッスルバックルがニフコからITW Nexusのものに変更となります。製造終了となったことが理由ですので、何卒ご了承下さいませ。 ※こちらの商品はマイナークラスとなりまのでSAYAMA works のタグが付きます。 ※ショルダーハーネスにダスティンホルダーがドッキングされた画像がございますが、ダスティンホルダーは付属されておりません。別途お買い求め下さいませ。 ※ショルダーハーネスにTote 2Gがドッキングされている画像がございますが、Tote 2Gは付属されておりません。 ※ポリエステルリップ ホワイトのロールトップの生地ですが、光の当たりかたによっては本体の生地よりも白く映えることがございます。ご了承下さい。 ※コーデュラスペクトラ ホワイトのカラーですが、クリーム色といった表現が適しているかもしれません。

セール中のアイテム