NEWS

アンバサダーになって頂いた男澤選手・岡田選手のコメント掲載

いつもSAYAMA worksのウェブショップをご覧いただき、誠にありがとうございます。
6月に発売を控えているミニマリストウォレットですが、以前からアンバサダーになってくださっている2名の方から使用後の感想を頂くことができました。
1人目は、TJAR2016の完走者である男澤選手。※TJAR2016の放送をご覧になった方は分かると思いますが、男澤選手のバッドコンディションからの復活劇と最後まで走り続けたゴールシーンに感動を覚えた人も多いことでしょう。
2人目は、同じくTJAR2016を完走された岡田選手。TJAR2016大会報告書を見て分かるように、ご自身の理論と冷静に向き合いつつも、窮地に陥った他の選手をサポートする優しさと熱いハートを持った方です。
お二人とも私にとって尊敬する方であり、まさかミニマリストウォレットのアンバサダーになって頂けるとは思ってもいませんでした。
お二人には感謝してもしきれません。本当に本当にありがとうございました。
皆様が購入をご検討される上で、男澤選手と岡田選手の評価が参考になったのであれば幸いです。
またミニマリストウォレットが、皆様のお役に立てる日が来ることを心より待ち望んでおります。

※TJAR(トランスジャパンアルプスレース)
2年に一度のサイクルで夏に行われる日本一過酷と言われている山岳レース。
エントリーできるのは厳しい選考基準を満たした30名のみ。
日本海/富山湾をスタートし、日本アルプス(北・中央・南)を横断後に太平洋/駿河湾をゴールとする総距離415㎞・自分の足で8日以内にゴールしなければならないという、とんでもないレース。しかも、事故もトラブルも全て自己対応。
TJAR2018よりガスバーナー・コッヘルの持参が必須項目として加わりましたね。

TJAR2012はNHKで放送され話題を呼ぶ。
TJAR2016はBSプレミアムにて放送。
今年も更に熱いTJARの夏がやってきます!

ミニマリストウォレット
DCF製(別名キューベンファイバー)
トータルウェイト6g。
価格は¥4800+tax。
6月発売。

ミニマリストウォレットのアンバサダーとなって頂いた、TJAR2016完走者の男澤選手から以下のコメントを頂きました。

このWalletに出会うまで山用の財布はジップロックを使ってました。

・防水性
・中身が見える事
・コスパ
・軽量
それらの理由でジップロック財布派は意外と多いと思います。
ただデメリットもあります。
・中で遊ぶ
・コインが取り出しにくい
・免許証等カードも混在し痛む
・ビニール地なので滑って落とすリスク
収納性や利便性に欠け、そして何よりカッコ良くない。
ワイルド感はあるが、スマートで出来る男(笑)の感がしないのです。

このWalletは6gと軽量。
そして防水性も高く、中が見え、コインやカードが遊ばないなど、これまでのジップロックの良い部分を保ちながら悪い部分を解消しています。
更に付け足せば、ジップロックの場合カードが中で擦れて磁気不良になる憂いがあります。
下山しカードが使えないでは、ダメージが大きいので、分離と固定されているとそのリスクも殆ど無いと思います。
(厳密に言うと免許証と保険証は磁気は関係無いのですが)
カード入れは3枚収納可能なので、保険証、免許証、クレジットカードを入れられます。

非常に利便性が高く、スタリッシュなので山用財布としてお勧めします。

ミニマリストウォレットのアンバサダーとなって頂いた、TJAR2016完走者の岡田選手から以下のコメントを頂きました。

今まで何種類かこの手のアウトドア向け軽量財布を使いましたが、これが一番使い勝手が良いと感じてます。
これはイケると思います。
私としては普段使いとして使用しても全く不満がありませんでした。
またカードの収納枚数とコイン入れの使い易さが、ごく当たり前に普通に使い易いのがポイント高いですね。
軽いけど、オシャレかもしれないけど使い難い財布がよくあるので…。
あと、副次効果とは思いますが、キューベンが透けるので中が薄っすらわかるのも便利だなと思います。
追記:岡田選手はカードが2枚づつ入るとのことで、計6枚のカードを収納されています。