NEWS

TJAR2018王者 垣内 康介選手×SAYAMA works スペシャルコラボ企画

いつもSAYAMA worksのウェブストアをご閲覧いただき、誠にありがとうございます。

今回は、昨年開催された日本一過酷な山岳レースといわれるTJARにおいて、優勝された垣内 康介選手がミニマリストウォレット スペクトラシリーズの公式アンバサダーに就任されたというお知らせです。
http://www.tjar.jp/
それに合わせて、4月に開催されるオフザグリッド(BLACK BRICK様と共同出店)にてミニマリストウォレット スペクトラの新色を発売する予定です。ぜひ、楽しみにしていてください。

また、今回は柏木工株式会社様の許可を頂きまして「モノづくりに大切なのは情熱!」という題目で垣内様が会社の朝礼でミニマリストウォレットについて語って頂いた内容を当ニュースにて掲載させて頂くことになりました。
柏木工株式会社スタッフ一同様・垣内様へ。
この度は、このような機会を与えて頂きまして、誠にありがとうございます。
この場をお借りして感謝申し上げます。

柏木工株式会社
昭和18年創業の老舗木製家具・建具製造メーカー。世界に誇れる技術で日本の文化・生活スタイルに合わせた住環境を提供するという経営理念を掲げている。天然木材の徹底した管理・加工技術を備えつつ、トヨタ生産方式を導入するなどの低コスト化を実現。更に、仕上げは匠職人が手がけるといった製品クオリティの高さが柏木工の強みである。
最も注目すべき点は、注文を受けてからの完全受注生産システム。お客様の負担を軽減しつつカスタムオーダーができるという、正にお客様ニーズに沿った製品販売を可能にしている。
・ホームページ
http://www.kashiwa.gr.jp/smart/index2.php
・Facebook
https://m.facebook.com/kashiwamokkou/?locale2=ja_JP

モノづくりに大切なのは情熱!
 
また僕の山の話です。
ここ数年前からアウトドアの世界にウルトラライトと呼ばれるような従来のものよりかなり軽いウエアやギアが増えてきました。身軽になることでより自由に楽に動けたり遠くまで行けたりするんですよ。
僕の先日、出場したレースなんかはその最たるものなんです。

でもアウトドアで使うものっていうのは丈夫で使いやすくなくてはいけないんですよね。だから軽さっていうのはその目的からいうと相反するもので僕もいろいろ使ってるんですがやっぱり使いづらかったり耐久性に問題があったりするものが結構あります。
 
しかもこういうものを使う人って全体からいうと少数派で大手の会社は作りたがらないんですよ。売れないから。そこで最近ガレージブランドと呼ばれるような個人とか小さい規模でそういうモノを作る人たちが出てきたんですよ。
 
最近、縁があってそういう財布やザックをつくる“SAYAMA works”というブランドの佐山さんと知り合いになって財布を作って頂きました。
 
 
これがとにかく軽い。わずか8~9g。

まだ使い始めて間もないので耐久性なんかはわかりませんが使い勝手はすごくいい。以前は軽ければいいということでチャックのついたただの袋形状のものを使っていました。財布なんてなんでもいいや、と思っていたんですがお札が入れにくかったり、小銭が探しにくかったりカードがボロボロになったり。
 
極寒の中、山から下りてきてやっと見つけた自販機で暖かい飲み物を買おうとしたときに、札しかなくクシャクシャで自販機に入らない時の絶望感(笑)手がかじかんでチャックが開けられない時の絶望感(笑)小銭がないと思い札を使って小銭が増えて一気に重くなるがやっぱりあった時の絶望感(笑)。
 
この財布は軽いけど財布としての最低限の機能は持っているんですよ。しかもよく考えれれていてチャックは使わずマジックテープだったり、二つ折にした時にズレないようになってたり。なかでも札入れ、小銭入れのサイズが絶妙。そしてとにかく軽い。
 
ちょっと回しますので手に取って見てみて下さい。

“ 軽っ!”
 
これを作って頂いた佐山さんとメールでやり取りしたんですがとにかく熱い。
“いいモノを作ろう”“この財布を売ろう”というのがすごい伝わるんですよ。なんとしてでも売ろう(笑)
この情熱というのが僕は“モノづくり”をする人間にとってとても大切なんじゃないかなと思います。本当に相手のことを思い、考え尽くしていいモノを作る。それを人の手に届け使ってもらう。
うちの会社は分業制なので僕ら(製造)はデザインをすることもなければお客さんと直接話すこともない。でも一人一人みんなが情熱を持って仕事すればすごくいいモノができるんじゃないかと思います。
僕らはデザイナーの意図をくみ取り理解して、お客さんを想像して心を込めて作るんですよ。営業はそれをしっかり届ける。
 
会社全員が同じベクトルで情熱を持てばとんでもなく大きい仕事、とんでもなくいいモノを作れるんじゃないかと思います。
そしてこの情熱は“やりがい”“報酬”といった形で僕らに帰ってきます。
ということで“モノづくりに大切なのは情熱!”今日も情熱を持っていいモノを作りましょう!

※垣内様に使用して頂いているのは、新色のミニマリストウォレット スペクトラ ゴールドブラウンになります。まさに王者の名にふさわしい色合いだと思います。4月発売予定。