NEWS

Attackers Sacosh フィールドテスト依頼

TJAR2018やKLTR・その他レースで活躍されている片野大輔さんに、Attackers Sacoshのフィールドテストを依頼致しました。
2019/9/1〜2019/9/4
北アルプス横断
親不知(発)〜新穂高
単独無補給テン泊(水以外)

・総論
1-沢へ水を取りに行くのにザックを置いてペットボトル2本と補給食、携帯電話だけ持って行けた。かなり身軽!!!

2-山と道のミニシリーズは気室の区分けがないので収納別けと場所の特定で楽ちん!

3-小屋の前、またはテント場でザックを置いて小屋へ行く際に、サコッシュがあるとサッと行動に移れるから楽!!サコッシュのメイン部がもう少し大きいと嬉しい。

4-鹿島槍北峰など、ルート上から逸れる山頂へアタックしに行く際に軽装でいける!

ゆっくり登山スタイルならずっと肩にかけてもいいかも。
僕らの高速移動縦走だと、サコッシュにアタック装備を入れておいて、小屋や水汲み、登頂アタックだけ出して使うスタイルだと快適です。

今回はずーーっと雨で出番が少なかったので残念。
でも水汲み、小屋で使っただけで重宝したので、晴れたらもっと使えると思います!登山者なら尚更ですね!

・改善案(カッコ内はSAYAMA works側コメント)
1-メイン部分はもう少し大きいと嬉しい。500のペットボトルが入れて持ち歩きたい。(底部のマチを少し広げても良いかもしれません)

2-サコッシュ単体で山頂アタックなどで使う場合は背中に回して使いたいと思った。その際、荷物が出ちゃってないか心配になるので良い案ないかなーと思いました。この際チャック付きバージョン、雨蓋付きバージョンがあっても良いかな。(ユニバーサルデザインを意識しているためファスナーを使わないようにしています。荷物が出ないようにしたい場合はサコッシュカヴァー着用を推奨)

3-ショルダーのアテ部はもっと厚くて良いと思いました。アタックようならもう少し荷物入れてガンガン行きたいので、こだわっても良い部分かなと思います。(軽量化と速乾性を優先して幅広で厚みのないショルダーベルトを使っています。今後良い素材がないか模索し検討致します)

4-ショルダーの紐が短くしていても緩いのかすぐ伸びてしまいます。いい案ないですかね?(あまり重たいものを入れると、揺れる時に伸びるかもしれません)

5-生地のパリパリ感が気になりましたが、人それぞれですね。僕はスペクトラの生地が好きです。メインの開口はもう少し広いと覗き込まなくていいかなと思います。(DCFHの生地はパリパリしていて気になる人もいるかも。スペクトラやX-PACでの販売も検討致します)

6-ウェストベルトによりサコッシュが身体と一体化してる部分は良いですね!背中に回しても使ってみたいと思います!あとは使わない時にベルトが邪魔になるので収納箇所を決めたいですね。なんなら伸縮性の紐かゴムでウェスト部回して引っかけるだけでもいいですよねー。うーーん。難しいですね。(過去には紐を使用していましたが腰に食い込みまして。ゴムベルトは良いかもですね。検討致します。ウェストベルトはフロントポケット二箇所のどちらかに収納できるよう設計しています)

※片野さんのInstagram↓
https://instagram.com/dustin_katano?igshid=19ku7ffhwp2ex
※Attackers SacoshはBLACK BRICKのみで販売しております。
・BLACK BRICK 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-22-5 サンウッド吉祥寺フラッツ101
http://blackbrick.jp/
TEL 0422-27-5056

ジップロックMサイズが、ジャストフィットでメイン機室に入ります。