NEWS

ダスティンホルダー軽量化のススメ②

次はダスティンホルダー下部のナイロンテープの余分な長さをカットしたいと思います。
もともとは20㎝で設定しているのですが、これはロウロウマンテンワークスさんのアンテロープにドッキングできるよう設定したのが要因でもあります。バンビに比べてチェストストラップ調整テープ上部からショルダーハーネス調整部のコキまでが意外に長く、ダスティンホルダー下部のテープが15㎝では足りないという結果を招きました。
そんなこんなでテープの長さを20㎝にしたわけです。
ただ山と道ミニでは20㎝は非常に長く、余分なテープをカットするべきと思ったわけです。

自分は10㎝カットしましたが、心配な方は最初は5㎝カットして長さを15㎝にするのもアリです。
もちろん、カットした部分は軽く火で炙って解れ止てください。

カットしたものを合わせると、ダスティンホルダー1個単位で1.5gの軽量化に成功。
上記の画像は、2個のダスティンホルダーの余分なテープを測量したものになりますので3gの軽量化に成功したことになります。

ちなみにダスティンホルダー下部のテープがショルダーハーネスのコキ手前にあると、ブラブラして邪魔だと思う方もいらっしゃるかと思います。
その対策として、ダスティンホルダー下部のテープをショルダーハーネスのコキ中心部に通し裏側に回します。

写真と同じく、こんな感じでテープをコキの裏側へと引っ張ります。
そうすることでダスティンホルダー下部のテープが、登山中に腕に当たったりして邪魔に感じることはなくなると思います。

それでは皆さんも、あくまで自己責任で軽量化にチャレンジしてみてくださいね😉
ホント!自分の山道具をカスタマイズして登山出来るのって、常々幸せなことだなぁと思います😌
以上!ダスティンホルダー軽量化のススメを御開きとさせて頂きます。
長々となりましたが、ご覧頂き誠にありがとうございました。
追記:今後の展開としまして、TJAR完走者の片野さんと原さんがダスティンホルダーのテスト結果を報告して頂ける予定となっております。
お楽しみに‼️